脱毛豆知識

カミソリや毛抜きでの毛の処理時のチェックポイント


カミソリで無駄毛処理をするのは、一般的な処理方法ですが、カミソリでのシェービングは肌への負担が大きいので注意が必要です。


お風呂場に置きっぱなしにしているカミソリを使っているという方も多いですが、お風呂場は湿気がたまっているためカビや雑菌が繁殖しやすい環境です。カミソリが不衛生な状態で使用すると肌を傷つけてしまい、傷口から感染症を引き起こしてしまう危険があります。


また、湿気のために錆びてしまったカミソリは切れ味が悪く、肌をより傷つけやすくします。カミソリはの替え刃は2週間ごとに取り替え、湿気の少ない場所に保管するように気をつけましょう。また、パーツを洗うなど、清潔にしておくよう心がけましょう。


カミソリのシェービングでの肌の負担を抑えるには、一枚刃を使用するべきです。複数刃は確かに深い剃り心地を実感できますが、刃が多くなればなるほど肌への負担は増加します。


また、剃る前に肌を温めるというのも効果があります。肌や毛はタンパク質でできているため、温めると柔らかくなるという性質があります。入浴後の温まった状態や、蒸しタオルの使用などで肌を温めれば、ソフトな刃あたりでのシェービングが可能です。


やってはいけないこととして、肌が乾燥した何もつけていない状態でカミソリを使うことが挙げられます。乾燥した肌にカミソリをあてると、角質を傷つけてしまいますので、必ずシェービングクリームやジェルを使用してください。剃り方にも注意が必要で、力を入れすぎたり、同じ場所を何度も剃ったりといったやり方は肌を傷つける原因になります。また、より深く剃るために逆剃りをするというのもやりがちですが、肌を傷つけてしまうのでやめましょう。


シェービング後は、しっかりアフターケアをすることが大切です。角質が一緒に削られてしまったシェービング後の肌は非常にデリケートな状態です。そのため、乳液やクリームでの保湿をすることで守ってあげてください。肌が炎症を起こしてしまった場合は冷たいタオルなどで冷ましましょう。


毛抜きを使う場合



腕や脚、脇などの気になる無駄毛を毛抜きで抜く時は注意が必要です。毛抜きを使って毛根から抜いてしまえば、しばらく生えてこないのでカミソリや除毛クリームと比較すると、自己処理の頻度が一番少なくて済みます。しかし間違った方法を繰り返し行っていると、毛穴が広がり元に戻らなくなったり、盛り上がってきてボツボツが目立つようになります。何度も皮膚に刺激を与えることでシミの様に色素沈着が起こるここともあります。


また、不潔な環境で行うと毛穴から雑菌が入り込み、炎症を引き起こして肌荒れや皮膚の黒ずみの原因になります。炎症がさらに悪化すると化膿してしまう危険性もあります。また、皮膚を引っ張って無駄毛を抜くので皮膚が伸びて毛が皮膚の中に入り込んでしまい埋没毛と呼ばれる状態になり、毛抜きやカミソリを使っても自己処理ができなくなるケースもあります。


ですので、毛抜きを使って自己処理をする時は、正しい使い方をしなければいけません。毛穴が閉じた状態で行うと毛穴に皮膚がぴったりとくっついている状態なので、無理やり抜いてしまうことになり周辺の皮膚にダメージを与えてしまいます。入浴後の温まった状態の時や蒸しタオルを使って毛穴をよく開かせてから毛抜きを使うのが一番良いでしょう。抜く時は毛の流れに逆らって抜くのではなく、毛の流れに沿って抜くようにしてください。逆らって抜くと出血をしたり炎症の原因になります。


抜いた後は肌が刺激を受けて熱を持っている状態なので、保冷剤などを使いしっかりと冷やして下さい。脱毛後の肌は乾燥しがちになるので、抗炎症効果のあるローションを使い保湿することも大切です。全ての工程を清潔な環境下で行うようにして、風呂場など細菌の多い場所での自己処理はやめておいた方が良いでしょう。


毛抜きを使って自己処理をするのは、例え正しい方法で行っても肌へのダメージがあるものなので、できるだけ負担を減らすように気をつけながら行いましょう。