脱毛豆知識

未成年でも脱毛できる?何才から?


最近は美意識の高まりが低年齢化してきており、小さな子どもから毛深さを気にする傾向があります。脱毛サロンでは、大手TBCグループのエピレで7歳からできるキッズ脱毛というプランが登場しています。


そのため、脱毛は何才からできるのかという疑問を良く耳にします。実際のところ脱毛は何才からでも可能です。理論上は体への影響等の問題はないというのが現在の専門家の見解です。


しかし、脱毛大手のミュゼの脱毛、ミュゼプラチナムでは生理が安定していることが条件となり、親の同意が求められ、脱毛の回数が制限されます。


未成年が脱毛を行うメリットは、思春期の多感な時期にコンプレックスを抱かずに過ごすことができることがあります。確かに、自分の容姿のせいで自信を失ってしまい、人格形成に暗い影を落としてしまうようなことは避けたいものです。また、受験などで多忙になる十代後半の前に脱毛をしてしまえば、時間を無駄にすることなく、勉強や部活動に励むことができます。


ただ、未成年が脱毛を行う大きなデメリットとして、脱毛しても新しい毛根ができることで毛が生えてしまうということが挙げられます。成長期にある小さい子どもは、脇やデリケートゾーンなど、それまで毛が生えてこなかった部分にも新しく毛根が生まれます。脱毛では、今ある毛根に対する処置は行えても、将来生えてくる毛根には対応できません。そのためせっかく脱毛をしてもまた毛が生えてくるというリスクはどうしてもぬぐえません。


それでは、何才で脱毛を始めるのがいいのでしょうか。それは人それぞれとしか言えませんが、はやくても、施術を安定して行えるような精神年齢を備えている10才以上の方が良いでしょう。ホルモンのバランス、生理の安定など個人差によっては中学生になってからの方が良い子もいるでしょう。


脱毛には多少の痛みが伴うので、親御さんの想いだけで子どもに施術を行ってしまい、トラウマが生まれてしまうことがないような配慮は必要です。