脱毛豆知識

脱毛サロンで契約したけどやっぱり解約したいという場合

脱毛サロンで契約したけれど、理由があって解約したい、というときには早めに申し込む必要があります。


その契約したプランによっては契約して支払った料金が返金されないこともあるので、事前にどのような契約になっているのかをしっかりと理解しておくことが大切です。



クーリングオフはできる期間が決まっているので、必ずその期間内に申し込むようにします。


クーリングオフが可能な条件は、契約をした日から8日以内であることが大切です。8日目の消印まで有効なので、9日目のものにならないように気をつけます。また、契約期間が1ヶ月以上、契約金額が総額5万円以上というもので、きちんと書類なども整っているようにしておきます。


クーリングオフの手順ですが、決まった手順はないです。


基本的に、契約したサロンに、契約を解除します、ということを紙に書いて、8日以内に送るようにしておけば大丈夫です。内容証明郵便という方法でもいいのですが、それよりも葉書のほうが簡単ですし、書きやすいです。


8日以上経過している場合だと、クーリングオフの条件には当てはまらないです。ですが、8日以降であったとしても、契約の期間内なのであれば、中途解約することができることになっています。ただし、この場合は、クーリングオフと違って精算が発生するということは理解しておかなければいけないです。


施術をまだ受けていない場合は、支払い金額から2万円を引いた金額になります。施術を受けている場合は、支払い金額から、施術を受けた回数に1回当たりの施術費用をかけた数字に、2万円、または残金の10パーセントのうちいずれか低いほうを足した料金です。


途中解約すると、契約した料金がすべて返金されるということがない脱毛サロンもあるので、事前にしっかりと解約についても理解しておくことが大切です。途中契約することで料金が必ず返ってくる、ということばかりではないので、きちんと確認することが大切です。